既卒者カフェ

1 07 2012

僕の親愛なる「かぴばらふ氏」が

素晴らしい価値観やコンセプトのもとにやられている

既卒者支援というものについて覗かせていただいたものがあるので

少々そのことについて箇条書きで書きます

 

 

 

・既卒ってなんだ

これについては深く考えないといけないことが多いので

ここで愚痴ったり、いろいろと議論しようとは思わないのですが

いわゆる「新卒一括採用」とはなんなんだろう

そう思わせてくれるものでした

一瞬の時期を逃せば後が無い、というのは果物ですか?しかも高級品ですか?

なんて思ったり

 

 

・レッテル貼りが好きな日本人

それも適切にしかも多様なクラスタ分類ならいいなぁとは思うのですが

まぁ日本人はいつからか二元論が好きですよね

実際のあらゆる物事は複雑に絡んでいて

それをいかに紐解き、簡易にするかが大事なような気がしますが

「既卒」というレッテルだけって意味あるのでしょうかね

 

 

・ESに書く趣味と本当の趣味とは違うのか

これも面白いテーマでした

実際どうなんでしょうね

「読書」と書いていて、実際は違ったりするとどうなんでしょう

突っ込まれるとボロが出ないようにすることが大切かもしれませんね

ただ、それをすることで自分にとってどうなのかという話でもありますが

TwitterやFacebookなどで検索されて、プロフィール欄と違えば…

なんてこともあるかもしれません

 

 

・SNSを利用した採用は

僕自身もこれについては周辺の人で関わっている方もおられるので

非常に興味あります

昔はそれほどなかったように思いますが

今はかなり増えてきているなぁと感じます

もちろん業界はかなり限られていて

1番多いのが「IT業界」ですね

それも中堅の企業さんがかなり多いように思います

 

 

・「働きたくない人はいるのか」

これもなかなか芯を突いた質問でした

僕自身は一度働いていることもあるので

働かずに生きていけるのならば積極的に働きたくないですけど

一日を過ごすことにかなり心的負担を感じるかもしれないので

何かしらやってしまうかもしれません

 

 

・地元か東京か

就活でよくある話ですが

東京はかなり恵まれていることは大阪であれ東京以外の土地人はすごく実感することではないでしょうか

先日、東京の昼間人口が「1500万人を突破した」というニュースもありましたし

いろんなものが東京に集中していることの現れだと思います

そうするとそこに人が集中し、そして雇用も集中すると

そういったことになるのは必定でしょうね

そうすると地方の産業は衰退し…、って誰でもわかる話ですね

これは一個人で考えられるレベルではないように思います

国をあげて考える大きなテーマではないでしょうか

幸いにも東京のあちこちで「地方への回帰?」についてのテーマについて

議論されている方が散見されます

もちろんまだまだ少数ですが、おそらくしばらくすると東京から地方への流れも起きてくるかと思います

それは雇用というより政治的な意味合いが大きいかなとは思いますけど(地方分権という話で)

 

 

・雇用形態の変化

変わってきてるのは求人サイトや広告などを見ていれば感じるのではないでしょうか

契約や派遣、さらにはアルバイトという形での雇用形態が多くなりましたね

正社員というものは何なのだろうと感じることも

特に若者、特に大学生および既卒者には響く問題ですよね

それもこれも景気や政策の不備やその他諸々の要因があっての話なので

なかなか一概にこうだとはいえないのがもどかしいですけど…

 

 

・みんな(意外に)真面目に仕事をしております

話を聞いてるとどうしてもなぜ就職できないのかわからないですね

本当に明確に「こうだ」という理念があり

この道に進みたいという希望があってもその道が知られていなかったり閉ざされてしまったことが

道を阻むことにつながっているように思います

 

 

・社会人は本当にコミュニケーション能力が必要なんです

いわゆる「ホウレンソウ」

これがなかなか難しい

しかもそれが自分ができていたとしても上司ができていなかったりするので厄介

上司の真意をはかり、そしてそれを活かすように行動する

という感じでしょうか

まぁこれが不快になることも多々あるので考えものですけどね

巷で噂のコミュ力とは違う感覚でとらえるのがよいかと思います

 

 

 

・「既卒者カフェ」という居場所は必要

これは切実に感じました

もちろん当事者ということで情報交換できたりするので

とても意義あることだと思います

それと「ふさぎこむ気持」を解消できるメリットもあるのでいいと思います

あとは、そこからの発展性を持たせれば無敵かと

コミュ力の育成も必定かもしれません

いわゆる「論理的な」コミュニケーションはかなりいるなぁと感じました

 

 

・最後に

代表が思い描く価値観というかそこは非常に共感できるので

精一杯応援したいと思います

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。