Psychology & Brain-Science

19 06 2012

心理学と脳科学は似たところというか

心理学にとって脳科学は欠かせない存在

というのを大学のころ思っていて、

ゼミでもそのことについて調べてたり発表したりした

 

脳科学がまだ未解な部分が多いので、それが解明されていくことで

僕の心理学にもこれが応用されて、そうやっていろいろなことが解明されていき

それが治療や予防にも利用できるんじゃないのかな?

なんて思ってた

 

でも、最近よく考えることが多いのは

もしかしたら脳科学はすべてを解明できないのかな

もしかしたら脳科学はすべてを解明しないほうがいいのかな

とか思ったり思わなかったり

 

 

「ヒトの神秘」ってあるじゃない?

まぁいわゆる「パンドラの匣」というやつ

ヒトの脳ってのは、人智をこえたものをもっているって言うから

まぁ最後の最後にはわからない部分がでてきて「参りました」って人類が白旗をあげるんじゃないかと

 

ただ、やっぱりヒトっていうのは欲望の生き物だから(ガンダムとかみてるとそう思うけど)

最後の最後を解明するまで突き進むものなのかなぁとも思っていたり

結果として不幸になることがわかっていても

それが不幸を招くとしても「謎」を解明することに躍起になる生き物だし

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。