SKYPIEA

12 05 2012

 

そういえば610さんとお会いするのは3回目なんですよね

それにも関わらずなぜかこんな形でお付き合いするようになったのはなぜなんでしょう

もちろん610さんが持っているポテンシャルであったり

610さんは人を寄せ付けるタイプなんですけどね、ホントに

 

 

今回はお泊りさせていただいたので、

深くお話することができました。といっても僕自身かなり眠気との闘いで

まともな思考じゃなかったかもしれません笑

「Social House」のコンセプトは本当にすばらしく

610さんとKKさん、そのお2人の補完性によって作り上げられる空間が

訪れる人にどれだけのものを提供できるかを必死にそして丁寧に考えておられて

すごくよかったです。

610さん自身も強い思いがあるみたいで、その「補完性」による

自分たちの価値を高めることに対して意識を強くもたれている

そんなふうに感じました。

 

僕はお会いしているのはお2人では610さんのほうが多いのですが

610さんから学ぶ姿勢というのは本当に大きくて

まぁその視線の先にあるKKさんはさらに「ネ申」みたいなものになるわけですが笑

「自分自身ができること」これが本当に大事だなと痛感しますし、

お互いに支えあい尊敬しあってる関係というのは見ていて羨ましく思います。

 

そんなお2人が運営されているハウスにはみなさんにぜひぜひ

訪れていただきたいとおもいますし、ハウスだけでなく

お2人(の価値観)に触れることで、かえってくるものがあるのではないかなとおもいます

 

 

610さんとお話する中で、「これからと現在」のお話も少ししましたが

これについては僕自身も悩む部分がありますが

誰かの姿を探し、そのあとを追う

もしくは必死に考えて考えて考えることが大事なのではとおもいます

といってもこんつめて考えちゃうとパンクしちゃうので

ガス抜きをするのもセットでやったほうがいいですよね

そんなこともこれから実践していこうと思いますし

「あの人すごいなぁ、あんなふうになれたらなぁ」って漠然と思っているだけでも

なんだかすごくフェーズが上がったように感じられるし

そんなこともやってみてはどうでしょう

 

 

−補足−

Social Houseに集うことってとてもすばらしいと思うんですよね

それはお2人がつくりあげたものに惹かれるということの証明になるわけで

僕自身もそんなふうに惹かれ、訪ねています

そんなハウスが点と線で結ばれるときが来ると

どんなに楽しいことがおこるのだろうとワクワクして空想したりしてます

お2人が鳴らす鐘の音がどこまでも響く、そんな感じのHouseいいですよね

 

<ONE PIECE 第32巻 空島編>

「浮き寝の島の旅路は長くも 遠い記憶は忘れがたし

かつて人はその鐘の音に言葉を託した 遠い海まで届ける歌に 誇り高い言葉を託した

『おれたちは ここにいる』」

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。