Mental Health Japan 2012

31 05 2012

 

昨日、浜松町の東京産業貿易センターで行われていた

「メンタルヘルスケア・ジャパン 2012」にいってきましたので

感想を書きたいと思います。

 

 

 

 

1、ブースにみた「メンタルヘルス」の最前線

今回参加した「メンタルヘルスケア・ジャパン2012」

最初の結論からいうと「こんなものなのか…」という感じでした。

「メンタルヘルスケア・ジャパン」には厚生労働省など

ビッグネームが後援についているので

「これはガチなやつだ…((゚A゚;)ゴクリ)」なんて思っていたのですが

実際はそういう風なハードルの高さというより

かなりラフ?な形で出展されているブースが目立ちました。

ブースは28あって、おおまかに分類すると

ヒーリングツールを売り込む系・マッサージなどアスリート目線系・簡易テストあるよ系・とりあえず専門分野だよ系

こんな感じでしょうか

 

 

日本の首都の東京という街は

僕がいる大阪よりもはるかに進んでいて

人がたくさんいるので、その人の相互作用による新たな創造物が多く生まれること

そのたくさんの人にむけて入る情報が最先端であり、質が高いこと しかもそれが気軽に手に入ること

これが他の地方都市にはないNo,1都市Tokyoなんだと思います

そういったことが念頭にあるので、今回の展覧会はなんというか「これが1番最先端なの?」という印象でした

もちろん本当にすごいと思います。

この業界は扱いが難しかったり、やることが画一的なものなので

「これだ!」なんてものはないのですが、それにしても「あぁ…ここまでなのか…」

と失望した次第です

 

 

 

 

2、コンサルティングをメンタルヘルスもやっていこう

そんなブースのなかでもひときわ僕の心を射抜く内容をやられているブースがあったので

詳しくお話を聞こうと中に入って聞いて来ました。

そこは何をやっているところかというと

企業におけるメンタルヘルスをコンサルティングする、というものなんです

専門外の人にはなかなか理解されにくいかもしれないですが

最近はこの手のコンサル系は多いんですよ

つまりどういうことかというと、

企業内でメンタルヘルスについて取り組もうにも

「なにをしたらいいのかわからない」「どこをどうやって支援したらいいのかわからない」

こういった疑問を解消していくようにします。

具体的に言えば、

ある研修プログラムを取り入れるようにすすめたり

もし精神疾患者が出た時の対応やリワークする場合の人事や労務との仲をとりもつ役割もします

こういった形で現在多くの企業が取り組みをしていってます

 

 

 

3、メンタルヘルスを企業でもやってるのに…

で、上記のようであればどんどん改善されていくはずが

実際はどうでしょう?自殺者は減っていますか?

おわかりの通りだと思います。もちろんそれは労働者でない人も含んでいます。

ただ、そういった取り組みを企業(特に大企業を中心として)取り組んでいる以上

改善の兆しがあってもよいはずがそんなに見られないのはなぜか

僕は3つ原因があると思っています。

 

・そもそもメンタルヘルス対策をするコストが高い(不況で支出しにくい)

これはあると思います。

今度から中小企業もメンタルヘルス対策が義務化されますので

より一層この値段の問題が出てくると思います。

 

・やりっ放し、しっぱなし

実は、企業のなかの人がメンタルヘルスについて学ぶということは

普段の業務でも忙しいのにそんな暇はない、ということで

ほとんどの場合、産業医をおいたり、心理士をいれたり、専門の業者に外注する

といった手法が一般的です。

つまり、企業自身がメンタルヘルスについて本当に理解していくようになっているかといえば

他に任せている以上、そんなことはないと推測できます

外注で頼むだけで終わり、なんて企業もありますからそれじゃ何も解決しませんよね

それと、救う側の問題もあります。

こうやって企業が外注して、さらにそこまで関与してくるわけではないので

熱心に・親身にやる、といったふうにはならないように思います

もちろん真剣になさっているかと思いますが、実際そういったところが見受けられるようです

 

・企業内のメンタルヘルス室はハードルが高い

利用する側にとっても、

相談しにくかったり、レッテルをはられることへの恐怖感、

また精神を患っているということから離職に追い込まれるのではないかという

いろんな問題が考えられてしまうので、そもそものハードルが高いこともあげられます

人事にもれたら…、なんて考えたら、相談室に向かう足取りも重くなって当然のように思います。

 

 

 

 

4、なぜ興味が薄かったのか

僕自身の考えるところでの話ですが

メンタルヘルスケアで今もっとも大事だなと思うのは

「Webを利用すること」

「企業の個人ということではなく、一個人として対策をしてほしい」

「いろんな選択肢が閲覧できるようにする」

この3点ではないでしょうか

Webの利用は今回のブースにもありましたが、

検査などに利用して、それで「ハイ終わり!」というのは本当に「やる気あるのか?」ってことになりますよね

そうではなくて、その先の流れも見据えた弾力的なプログラムが必要だと思います。

どういうことか?これは3つめの「いろんな選択肢」というところにつながります

 

 

 

 

5、選択肢

僕が思うに今のメンタルヘルスケアのプロセスは明確です

メンタルを患う→病院に行く→薬と認知行動療法などを併用して回復をめざす

という感じでしょうか

ただ、僕はこれでは足らないと思っています

メンタルを患うまでのプロセス

そこまでに解決できる仕組みは本当にないのか?

患ったとして、そこからどのようにその疾患と向き合っていくのか

向き合っていくなかで、それを乗り越えようと決意したとしてどんな方法で解決できるのか

もし様々なパターンがあれば自分にあったものを選ぶことができるのか(話を聞いてもらうだけ、とか)

病院に行くレベルなのかどうか、行くとしても自分の症状をよく知っておられるところはどこにあるのか

クリニックや病院で自分の家の範囲にあるのか

回復していくなかで仕事へと復帰していくそのプロセスはなんなのか、どういったものがあるか

 

こういった具合でここには様々なプロセスが存在し

それぞれ違っているので、これは「個人」の好みで選ぶことができるのがいいのではないのかと思います

その選択肢の数があって、そしてそれが一個人として選択できる

そんな仕組みになっていくべきなのでは?

なんて勝手に考えちゃっています

そういったことを思っていると、今回のブースのなかでめぼしいものが1つだけだったというのは

かなりショックでした

このメンタルヘルスの様々なところでマネージメントする必要性が大いにあると感じた展示会でした

 

 

 

 

 

6、選択肢としてなりえる存在

僕自身、さっきの「選択肢」の新たな担い手(上から目線ですいません)だなぁと思っているものがあります

「いっぱんじん連合」の「代表デリバリーサービス」と「U2plus」

こういった形でメンタルヘルスをケアしてほしい人にとって

とっつきやすいサービスがどんどん出てくる分野になってほしいな、と切に願っています。

大阪でもあるのかな、なければ東京から輸入するっていうことになるのかな

こういった選択肢を多くすることで、今まで漏れていた人を救い上げることができれば

ちょっとは現状がよくなるかな、とか思っている毎日です





「心理学」に進んだキッカケ

26 05 2012

これは以前にも書いたことがあるのですが、

別のblogになるので、少し編集して再投稿しておきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

(以下、前ブログより転載)

 

1、高1まで

とくに目立たず、とくに何かを熱意をもってするわけでもなく

私立中高一貫校でめちゃくちゃ進学校だったこともあり

勉強以外に特にすることはありませんでした。

数学が好きだったぐらいで、とにかく大人しかったです。

 

 

2、高2になって

学習過程がひと通り終わって、いよいよどこの大学に行くのか

決め始めましょうという話だったので

自分の興味ある分野はなにがあるのかものすごく考えました。

そうすると、当時テレビでやっていた「心理テスト」がとてもおもしろくて

人の思っていることや考えていることが暴かれる様に

すごく不思議だな、という思いと、これをつくってみんなの真意をさぐってみたいなぁ

という好奇心がきっかけで心理学にとっかかることになりました。

まだその時は心理学がなんたるかということを知らなかったので

テレビにうつる心理テストが単純に面白かったということをふまえて

「心理学」勉強したい!、って思っただけでしたね笑

 

3、高3の大学受験を控えて

このころから真剣に「心理学ってどういうものなんだ?」というものを考え始めます。

その答えはほとんど出なかったのですが、

臨床心理士・カウンセリングというワードは引っ張り出せました

ただ依然、漠然としか理解していなかったと思います。

 

 

4、浪人にて

大学受験はそういう曖昧さをもっていたこと、あまり勉強しなかったこともあり

浪人を経験します。

ここが実は大きな転機だったかなあ、と思っています。

浪人時代は自分のメンタルヘルスにとってかなり辛辣なものがありました。

・高校生の時とほぼ同じことを繰り返す

・同級生との比較、自分に対する劣等感

・日々生きているのは大学に受かるだけのためという存在意義

・親に負担しかかけていない

・自分の見通しの甘さ

きりがないほどありますが、

こういう自分の内面にスポットをあびせる機会が多くあり

このことが「心理(学)とはいったいなんなのか」という疑問に

経験という観点から答えを示してくれた気がします

もしかしたらこういうことの悩みが他の人にもあるのだろうか

もしかしたらこういう悩みを解決する、すべての人の心の下支えとして心理はあるのか

そういった現実的な考えをめぐらせるようになっていったのが浪人時代だといえます

 

もうひとつ心理の道に進むきっかけがありました。

僕はなぜかセンター試験の国語の出来が非常に悪かったのです

特に「小説」がほぼ5割しかとれなくてものすごく苦戦していたのを覚えています

そこで僕は考えました。「なぜ小説の点数がとれないのか?」「どうして正解しないのか?」

解説書を読みあさりました

みなさんも経験があるかと思うのですが、

答えの冊子には解法がちゃんと書いてありますよね

「ここを読むとこう書いているのでこれが正解になります」

と律儀に書いてくれているので、ああここを抜き出して考えていけば正解するのか

なんて思っていたとおもいます

僕はそこにものすごく違和感を感じました

「これほんまにこの解答でええのか?」

「太郎くんが記号(エ)の気持ちかどうかなんて本人に聞かなわからんやろ」

「そんな感情が一辺倒なわけいし、人の心は複雑やのになんで推論できんねん!」

と憤慨しました

今思えば「え、そこ?笑」とおもわれるでしょうが

当時、人の心情に興味があった僕には十分すぎるファクターだったと思います

「人の心がそう画一化できるものではない」

「この問題を作った教授の鼻を明かしてやる!」

この以上2点が、僕が心理学を目指した原動力に」なります

実に意味不明なものですが

僕はその疑問に対する「復讐心(?)」や「猜疑心」みたいなものが原点となりました

おそらく学問をきわめようとする姿勢の根幹ではないでしょうか

今思うとそう感じるわけですが、当時は浪人身分と自分の点数の伸び悩みにイライラしてたので

そういう感情を抱いたのだと思いますけどね(笑

 

4、大学に入って

結局、浪人時代の経験があまり活かされることなく

センター利用でひっかかった大学に通うことになりましたが

それはそれで楽しかったのを覚えています

それはキャンパスライフというよりも

「やっと学びたかったことが学べる」という純粋な研究欲求だったのかなとおもいます

この4年で自分の疑問について解消することこそ大義!、なんて思っていましたが(笑

この詳細についてはまた別の機会でブログに書きたいとおもいます。

ただ言えることは、

「僕はセンター試験をつくった教授の鼻を明かせた!」です(笑

僕の疑問については間違っていなかったようです

 

以上が僕が心理学を目指したプロセスです

 





Osaka

23 05 2012

とりあえずのまとめとして

 

 

1、梅田(キタ)

現在、すでにかなり建設が進み、かなりの高さがあります

「GRAND FRONT OSAKA」→ http://www.grandfront-osaka.jp

このグランフロント大阪は、2013年春に完成予定

阪急梅田駅もリニューアル工事中で、平成27年3月の完成を目指しているそう。

すでに駅周辺は改修工事が進んでいて、阪急グランドビルは8月中旬に完成予定。

11月下旬には阪急百貨店新梅田本店が完成予定。

梅田駅・JR大阪駅に近い「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」では、

2015年をメドに北側の駐車場に大型の商業施設を建設予定らしいです。

 

 

2、難波(ミナミ)

難波でこれからの改装予定は(自分の知る限り)ありません。

ただ直近で、3月に「なんばパークス」の大規模な改装工事が終了しています。

南海電鉄は関西国際空港の利用客を見込み、外国人向けの店舗がかなり増えています。

あと、これはまだ企画・検討段階にはなっていますが、「なにわ筋線」という構想があります。

具体的にいいますと、

現在、開発の進んでいる「梅田北ヤード」に新駅を建設します。

新大阪からその梅田新駅にルートを通し、さらに梅田から南海難波駅まで繋げ、

そのあとはお分かりのように難波から関西国際空港まで、というものです。

今はそのルートなどについて様々な議論が行われています。

 

 

3、天王寺(阿倍野)

忘れてはいけませんが、天王寺も綺麗になっています。

「あべのキューズモール」が開業して1年経ちました。

今は周辺も少しずつ綺麗になっていってます。

さらに、「近鉄百貨店 阿倍野」旧館跡地に「阿倍野橋ターミナルビルタワー館」を建設中です。

こちらは名称も決まっています。

「あべのハルカス(ABENO HARUKAS)」→http://www.abenoharukas-300.com

こちらは平成26年春の竣工を目指しています。

完成すれば、横浜のランドマークタワーを抜き、高さ300mの「日本一高いビル」になる予定です。

 

 

以上のような形で大阪の主なメイン都市に改装や新規建設予定のものがたくさんあります。

これから東京に対抗し、あわよくば東京を抜きアジアのゲートウェイになるであろう「Osaka」が

より活気づくといいな、とおもいます。

そんなこんなで自分の勉強もかねてのまとめ記事でした。





Room Share House Vol.4

14 05 2012

「シェアハウスしたい」といいつつ何も動いていないし

プランとか構想とかなにかまとめ的なものを書きたいと思ったので書きます

 

 

先日、青木くんが大阪に来られたので

シェアハウスの先輩ということもあるので不動産屋に入っていろいろと話しを聞いてきました。

 

東京と違って大阪でもしシェアハウスをやるとしても地理的な事情が大きいようで

今のところ物件は多いのはキタのエリアに固まっているようです。

新大阪・十三などいわゆるどこにでも行けるところが人気だし、人も来る

なので物件もある程度そろっている、みたいです

 

僕自身は環状線の中(特に難波〜梅田のライン)を考えていたのですが、

オフィス街ということでなかなかその中に作ることは苦労しそうです

ただ「トーキョーよるヒルズ」も六本木という街にあったりするので

街にこだわることもなんか捨てがたいというか

 

対して南エリアはほとんど物件としては少ないようで

シェアハウスの認知度が低いのか、そもそも需要がなさすぎてそういう状態になっているのかわからないのですが

どうやらそのようです。

 

 

あと、オーナーからみてもルームシェアやシェアハウスというのは

家賃など資金の回収において不透明な部分が多く

とても優しいオーナーか、ユーザーの意思を聞いてでもその物件を埋めたいという人しか

そういった場所として提供してくれることはないのではないか

ということでした。

 

 

あとルームシェア用の間取りもあるそうで

「ミングル」というものだそうです。

それぞれの個室はあるけど、玄関や水まわりなどは共用というものだそうです。

参考URL: http://www.access-jp.com/678925c1/

 

ルームシェア向けの間取りとして浸透しているそうなんですが、

数も少ないようです

 

とにかくシェアハウスの認知度が圧倒的に違うのかもしれませんね

ルームシェアという単語もそこまで浸透しているのか少し疑問に感じました

 

これからはよさそうな物件のオーナーに地脚で会って交渉していくのが近道なのかもしれません。

とりあえずのまとめとして書きました。





SKYPIEA

12 05 2012

 

そういえば610さんとお会いするのは3回目なんですよね

それにも関わらずなぜかこんな形でお付き合いするようになったのはなぜなんでしょう

もちろん610さんが持っているポテンシャルであったり

610さんは人を寄せ付けるタイプなんですけどね、ホントに

 

 

今回はお泊りさせていただいたので、

深くお話することができました。といっても僕自身かなり眠気との闘いで

まともな思考じゃなかったかもしれません笑

「Social House」のコンセプトは本当にすばらしく

610さんとKKさん、そのお2人の補完性によって作り上げられる空間が

訪れる人にどれだけのものを提供できるかを必死にそして丁寧に考えておられて

すごくよかったです。

610さん自身も強い思いがあるみたいで、その「補完性」による

自分たちの価値を高めることに対して意識を強くもたれている

そんなふうに感じました。

 

僕はお会いしているのはお2人では610さんのほうが多いのですが

610さんから学ぶ姿勢というのは本当に大きくて

まぁその視線の先にあるKKさんはさらに「ネ申」みたいなものになるわけですが笑

「自分自身ができること」これが本当に大事だなと痛感しますし、

お互いに支えあい尊敬しあってる関係というのは見ていて羨ましく思います。

 

そんなお2人が運営されているハウスにはみなさんにぜひぜひ

訪れていただきたいとおもいますし、ハウスだけでなく

お2人(の価値観)に触れることで、かえってくるものがあるのではないかなとおもいます

 

 

610さんとお話する中で、「これからと現在」のお話も少ししましたが

これについては僕自身も悩む部分がありますが

誰かの姿を探し、そのあとを追う

もしくは必死に考えて考えて考えることが大事なのではとおもいます

といってもこんつめて考えちゃうとパンクしちゃうので

ガス抜きをするのもセットでやったほうがいいですよね

そんなこともこれから実践していこうと思いますし

「あの人すごいなぁ、あんなふうになれたらなぁ」って漠然と思っているだけでも

なんだかすごくフェーズが上がったように感じられるし

そんなこともやってみてはどうでしょう

 

 

−補足−

Social Houseに集うことってとてもすばらしいと思うんですよね

それはお2人がつくりあげたものに惹かれるということの証明になるわけで

僕自身もそんなふうに惹かれ、訪ねています

そんなハウスが点と線で結ばれるときが来ると

どんなに楽しいことがおこるのだろうとワクワクして空想したりしてます

お2人が鳴らす鐘の音がどこまでも響く、そんな感じのHouseいいですよね

 

<ONE PIECE 第32巻 空島編>

「浮き寝の島の旅路は長くも 遠い記憶は忘れがたし

かつて人はその鐘の音に言葉を託した 遠い海まで届ける歌に 誇り高い言葉を託した

『おれたちは ここにいる』」





WATER7

12 05 2012

 

東京という街はすごく特殊というか面白い街で

いついてもとても興味深く、そして新たな発見が多い街です

今回は別件があって(といってもそれがメインではない)東京に日帰りで行きました

 

 

 

今回の東京訪問の目玉というのは

「一般社団法人いっぱんじん連合の代表にお会いすること」でした

TLからみてもそのふざけっぷりはなかなかなものなんですが笑

真意を盗みにうかがった次第です

 

銀座でいっぱんじん連合の書記長さんとも合流し

いろんなことをぺちゃくちゃしゃべっていましたが

肝心の「いっぱんじん連合」についてほとんどお話することもなく

バイバイしてしまったので失敗しました…

ただ、ところどころに見える人となりは僕の感性のドストライクに入るもので

お会いできてとてもよかったと思っています。

おそらくまた次の週にお会いすることになるかもしれませんが笑

今度は「いっぱんじん連合」について色々お聞きしたいと思っています。

 

ちなみに代表はとても気さくな方で、

その心の奥底にはなにか秘めたものをもっていて

その上におちゃらけのお面をかぶっていきている人かと思いきや

心の奥底までだらけきった人みたいです(本人談)

僕の目はまだまだ節穴のようです、参謀さんとお会いしたら説得されてしまうのでしょうか

 

とにかく面白い人に間違いはなさそうです!

 

 

−付録−

僕はメンタルヘルスにおける今とは少し違って

それでいてよりハードルの低いものを何かできないかと画策しているわけなんですが

「いっぱんじん連合」の代表さんはそれを具現化できている1つだと思います

本人は謙遜なさっていますが、僕にとってはとても画期的なものだ感銘をうけたものです

このサービスはより”いっぱんじん”の目線に下げられた点がいいなと思いました。

あと、代表自身が経験者であること。これはとても説得力のあるものです。

これは真意をもっとほじくらなければなりません

 

まぁ、これは全くの余談なんですが

代表と書記長とお話をしていてなぜかふと思い出したWordがありました。

もともと好きだからなんですけど、経験者である代表がハードルの低い

デリバリーサービス(改名されたんでしたっけ)をやられているのが

ONE PIECEと重なっちゃいました。

 

<ONE PIECE 第38巻 ウォーターセブン編 ナミからアイスバーグに向けて>

「助けていいんだとわかった時のあいつらの強さに限度なんてないんだからっ!!!!」





Tweet

5 05 2012

しばらくblogから離れてたので、忘れないうちに小さい記事を書いておこうと思いました

Twitterをはじめて、おそらく700日ぐらい経っていると思うんだけど、

だいぶ使い方が変わってきたなぁと感じている。

昔は、芸能人をおっかけてむやみにリプライ乱発してたし、

それ以外のフォロワーといえば近しい友人ばっかりだったかと。

時もたつとフォロワーも増えるし、自分の意見に対してリプライがくることも

頻繁になってくると「自分のつぶやき」というものを意識しはじめるようになる。

そうすると客観的に自分のつぶやきはどういう種類のもので

どういった印象をあたえているのか、それにこたえてくれるフォロワーさんは

どういった人なのか、というとこに行き着くように思う。

僕自身は心理学をかじっていたこともあるし、

生まれつきというか性格(?)上、人の真意を見抜く目を持っていると思っているので

シンクロしそうな人には直感的にひかれることが多い。

もちろんそういった人に対してのアピールとなるつぶやきをすることもあるけど

まぁそういったことは稀なので、基本自分の思った事をつぶやきます。

そんなことを繰り返していると、いろいろと僕のフォロワーさんが求めているものも

わかってくるので、非常に楽しくなってくるわけです。

「自分らしさ」を認めてくれる(実際のところはそこまでの人数いないかもしれないけど)

指標もそれがまた原動力となって「これでいいのだ」なんて思えるようになります

という考えにいたったときに、じゃあ僕から見てこの人と波長あうなぁって

思う人の特徴というか見抜き方というのが、かなり直感的にあったりするんです

もちろん自分がフォローするので、だいたい価値観あいそうなもんですが

なかには、まぁ、いるわけです、えぇ

見抜くコツ?というのか僕自身が直接会いにいくというステージまであがれる人は総じて

1、ボキャブラリーが多い

2、つぶやきが乱雑でない(文章構造的な意味で)

3、下ネタや無粋なことをいってもTL上その人の流れの中でそれが自然となっている

4、つぶやきの奥にその人の「想い」が確かにそこにある

5、批判的でない

6、自分にはない感性をもっている

7、その人につながっている人が多い

8、嫌みでない知性があふれている

こんなところでしょうか

TL上で結構判断できたりしますので、その人のTweetを

リストでかこってしばらく追ってみるといいのではないでしょうか。

その人なりの性格や秘めているモノがわかってくると思います。