事業計画書とその骨子 -メンタルヘルス連携システム構築- Ver.2

5 04 2012

というのを昨日書いたので具体的にどういうものを想定しているのか書いてみようと思います。

大体2行とかで終わってしまうこともあると思いますが、すいません笑

 

 

 

1番核となる部分は、「情報を提示する」ということ。

そこに色づけをしなくてはいけないのですが、

クラスタでいろいろと区別しなくてはいけないと思っています。

特に、患者さんクラスタでは匿名性とともに救う手だての情報が緊急的に必要になるので

そのためのシステムをつくりあげていく必要性があるし、

従事者にいたっては情報交換の意味をもった

情報のシェアということと、患者さんの情報の流動性を確保することが大事かな、と

 

 

今のところ「うつ病」だけ、といったように特定の病気・疾患に限定しようとは思っていなくて

ある病気・疾患にはこういう情報が提示できます、といったようにその特定の分野で情報を提示できるように

そのシステムに一元化できないかな、と。

 

こんな形で少しずつ更新していきたいと思います。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。