the begining of my ROAD

13 03 2012

心理学というものを好きになる・興味をもつキッカケはある程度の理由に集約されると思う

僕の場合はちょっと違うから、みんなに聞かれて笑われるけど(笑

 

 

 

 

 

僕が最初に心理学にコミットしたキッカケは、

大多数の人と同じで「TVでやっていた心理テストがおもしろそうだった」

ただそれだけでした。

 

それから月日が経って、高校の進路指導において

自分が何に興味を持っているのか深く考えたところ

「人の心を読み解くことってすごくおもしろいことなのではないか」という結論に達しました。

この時点ではまだボンヤリとしたものでしかありませんでした。

 

それが決定的なものとなるときが浪人時代にありました。

センター試験で僕は国語の点数がほとんどあがらなかった。

「どうしてあがらないんだろう」

そんな悩みをつきつめていくとあることが浮かび上がってきました。

どうも国語の中でも「物語」の点数がかなり悪い。しかもほとんど取れていない。

この事実を知った時、その原因はなんなのかより深く考えました。

そこでわかったことが

「どうやら心情を問われていることに正確に答え切れていない」

ということでした。どういうことなのか説明しますと、

センター試験の国語-物語では、

「傍線における○○君の心情のうち(ア)~(エ)の中から適切なものを1つ選びなさい。」

という問いがありますよね?この問いに対しての解き方は前後の文脈から判断する、というものなのですが

僕の場合は、実際にその人の置かれている状況や育ってきた環境などを考慮し、

その人にシンクロして考えて心情をはかろうとしていました。

なので、正解する確率が極めて低くなるのです。

そのうえで、4択の選択肢にも疑問をもちました。

「なぜ、人の心情が4択しかないのか、もっともっと人の感情ってものは多くあるはずだ!

ましてこの状況でこの4つの選択肢のうちどれもあてはまらない可能性すらあるじゃないか!」

なんてことを思ったらそこからその話題で頭の中がいっぱいいっぱいです(笑

ここが僕の大きな”人生の道”を決めたポイントだと思います。

 

そこで僕は考えました。

「なぜ4択しか提示できないのか、もっと人の思いの選択肢はあってもいいはずだ。

この問題を作成した教授の鼻を明かすために、僕がこの問題を大学にいって研究して証明してやる!」

という具合です。

単純なようでいて、また馬鹿というかなんというか(笑

そういう理由で大学に入りました。

「僕の考えを証明するため」にですが。

 

 

 

 

 

 

大学に入ってからは心理学を基礎から学びました。

大学に入って最初の授業で教授から言われた一言が衝撃でした。

「この大学に来て、TVでやっている(心理テスト)をやりたいと思う人がいたらこの大学を退学してください」

「え?」って話ですよね。聞いたときは、「俺、ちょっと違うけど、でもあれに興味もってきたんだけど。。。」なんて面喰いましたけどね。

大学の講義を受けていくうちに心理学の本質というものを知ることができました。

 

1、心理学は哲学に起源をもつということ

2、心理学は科学であり数学であるということ

この2つでした。

心理学が哲学を起源としていることはおわかりだとは思いますが

2つめはとても意外なことでした。

人の今の感情を数値で測り、統計的に処理する、これこそ心理学の真骨頂なのです。

僕らは教授から「心理学は、文系だけど、ほとんど理系のような文系だよ」と言われました。

おそらくそれは科学的に処理し、数値をもとに判断するということから言われたのだと思います。

実際に心理学のベースはそういうものでした。

この前提条件がないとただの「あてずっぽう」になりますからね。このベースがすごく大事なのです。

このベースに加えて、人の身体的反応・生理的反応による判断が加わります。

こちらももちろん科学的な反応検査がありますが、どっちかというとこれは「医療」にかなり近いものとなります。

僕が最終的に学んでいたのは「臨床心理学」なので

最前線で人を診るその訓練を受けていました。

人から発せられる一挙手一動作つぶさに観察することの大切さを学びました。

より深くいくと、瞳孔や発汗なんかも判断材料になるみたいですけどね。

そういった実際の「心理学」はどういうものなのか、それを大学ではずっと学んでいました。

 

 

 

 

 

大学を卒業することになり「(臨床)心理学」を仕事として生きていくことを考えました。

選択肢としてあったのは、「公務員」になること「臨床心理士」になること「研究者」になること。

これしかありませんでした。

「これだけなのか…」という絶望のような感じでした。

この理由はあとから考えてわかったのですが

日本での臨床心理・メンタルヘルスの認知度合いがほとんどないことが原因であるようです。

もちろんそれゆえに臨床心理の立場もほとんどありません。

昨今はいろいろ見直されてきたおかげでだいぶ改善されてきましたけど。

 

こういった理由を知るにつれて僕の中である考えが芽生えてきました。

「年間3万人の自殺者がいて、それを救う受け皿となる臨床心理士が約3万人ほどいるのになぜ救えないのか?」

「臨床心理士の立場や現状の臨床心理・メンタルヘルスの地位・立場をより向上させる必要があるのではないのか?」

「これから病気の治療や予防として『心理(メンタル)』が必ず注目される。ここに仕事をする意義を見出せるのではないのか?」

というものです。ここから僕は短絡的に「起業」というWordが出てきました。

このときTwitterをはじめていたこともあり、プロフィールに書いていたのはこれが理由です。

なんとか臨床心理・メンタルヘルスの「第3の道」を創ることはできないものか

その道が先に敷かれている道とつなげることはできないのか

そういう考えにいたりました。

 

もっとみんなに知ってほしい、もっとみんなに理解してもらいたい、もっとみんなが幸せであってほしい、もっとみんなが他者に目を向ける社会になってほしい

 

そんなことを思っていて、どうにかしてこの思いを成し遂げる方法がないものか悩む毎日を今送っています。

もちろん「起業」という選択肢が一番前にあるのは事実ですが、

まだまだ知識的にもいたらない点がいっぱいあります。

まずそこを埋めてから起業してもいいのではないのか、と思っています。

それが時々みなさんにお話ししている「30までに起業できたらいい」という発言の理由です。

 

 

 

今ある選択肢としては

・海外での知識をえること

・起業の準備段階をふみ、自分が何をしたいのか具体的にペーパーでまとめること

このどちらかです。

 

・海外で知識をえること

これは、最新のことを知りたい!ということです。

「臨床心理・メンタルヘルスを活かす環境がどのように構築されていて、どのように利用されているのか

また、利用された結果どのようなメリットがあるのか、どのようになっていくのか」

このことを知りたいと思っています。

少し研究に依ったものになると思いますが、これも起業にむけての必要な知識になると思っています。

 

・起業の準備段階をふみ、自分が何をしたいのか具体的にペーパーでまとめること

これは先日お会いした「かぴばらふ」さんにお話ししたことですが

具体的に、起業する中身です。

僕がモデルケースとしているものは2つあります。

1つは「U2plus」というサービス。これは本当に僕の想いにピッタリマッチする素晴らしいサービスです。

これがあるおかげで僕の気持ちも後押しされているところがあります。

もう1つはCMで時々見るものなのですが、あえてここでは伏せさせていただきます。

僕の中核となる大事なプランなので。

この2つをどのようにミックスさせ、自分のプランとしていくのか

これから多くの人にこのプランを提示することになるかもしれません。

これが夢であるかもしれませんし、もしかしたら実現可能なものかもしれません。

ですが、このことにおける気持ちは変わらないものです。

これを成し遂げるためにどのようにしていったらよいのか

そのことを考えて考えて考えている毎日です。

どういう解決策があるのか、その答えに早くたどり着きたいです。

 

 

ご存じの方いらっしゃいましたら、なにとぞご教示願えればと思います!よろしくお願いいたします。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。