From The Window Of “Social House”

23 02 2012

2月19日

久しぶりに名古屋に行くことをとても楽しみにしていました

610さんに、そして初めての「あの」KKさんとお会いできると聞いてとっても楽しみでした

名古屋へ行く前に伊勢神宮へ寄っていて、

それが意外にも時間がかかってしまったので

610さんとお会いするのはSocial Houseの最寄駅でした

以前に610さんとお会いしたのが、伏見・名古屋といった割と人通りの多いところだったので

最寄駅についたときはそのギャップに驚きました

ただ、その驚きというものもいい驚きというか、なんかホッコリするものでした

最寄駅はすごくアットホームな雰囲気が漂っていて

降りたすぐ近くに動物園があって、なんだか「家族のニオイ」を感じてしまいました

話が脱線しますけど、動物園って家族感じません?笑

なんかそういうのを思っていると「あー、なんかこの場所を選んだってめっちゃいいやん!」って思いました、勝手にw

ちなみに、610さんは相変わらずのジェントルマンでした(笑

しばらく歩くと閑静な住宅街に「Social House」がありました

中に入ってみるといかにも男子2人で生活してる!って感じで、なんか自然と笑みのこぼれる印象でした(笑

目に留まったのはあちこちにあるいろいろなメッセージでした

 

 

 

 

1、夢を語れる場所にしたい

KKさんが帰宅されるまで、610さんといろいろ話していました。

僕は、いずれソーシャルハウス・シェアハウス・ルームシェアといったことをやろうと思っていたので

参考のために訪問させていただき、どういうプロセスを経てこうなったのかがすごく興味ありました

僕のなかで何故したいのか、という問いを感覚的にしか理解していなかったため

なかなか言葉として表せませんでした

ですが、「Social House」はそんなことをしっかりコンセプトにこめてやっておられました

今は、なかなか夢を語る機会であったり、自分の目標や挑戦を語り合う環境というのはないですよね

そんなことをやっていけるところがあれば…

なんて思ったことは僕ですらあります

そんな思いやそういう人をSocial Houseは拾い上げてくれる家だと感じました

お2人の創られたこのコンセプトですが

これがお2人の人間性からにじみ出てて、とってもアットホームで語りやすかったですね

 

 

 

2、学生と社会人のハブ

610さんと僕の出会いの一番初めのところというのは

2人とも覚えていないのですが、その媒介となったものはTwitterでした

Twitterから感じ取れる610さんの温かさにビビーン!ときたものがあったのでしょう

僕はそういうの得意ですから←

610さんと名古屋駅の担担麺を食いながら話していた時もこの話題になったのですが

もっともっとこうやって「僕と610さんが出会えた」喜びっていうものをみんなが享受できるといいよね~

なんて話していました

僕もその思いが(おそらく)根底にあったこともあり

大学4年の終わりに自分の団体をたちあげることになりました

そこにはこうやっていろんな人と出会える僕ができたのだから

みんなにもこの思いを享受してもらいたいっていうところに通じるものです

Social Houseでは、そういう思いからいろんな人と出会える場にしようとなさっているようでした

(僕もサインしましたが)玄関にあるサインボードが象徴的でした

 

 

 

3、(他)人の夢と共に生きる

これがお2人から受けた最大のサービスだと思っています

伺った瞬間からこの話について610さんからアドバイスしていただいたり

KKさんからもいろいろありました

お2人には全く関係のないことですが

そのことに真剣に向かってくれたことが本当になにより感動したことでした

自分のことで精いっぱいであるはずが

他の人の夢に生きるというところにSocial Houseの存在価値がどれほどのものであるか感じ取ることができました

僕もまだそれほど力はありませんが、お2人のコンセプトが大いにつまった

「Social House」を応援していきたいと確信しました!

 

 

 

4、よるヒルズとSocial House

僕がやろうとしていることをやっている人に出会うのですが

表には出さないけどいろいろな苦労があると思います

それをこえてそこに集う人や住人とのコラボレーションにより

出来上がる壮大なスケッチはどんな色になっているのかワクワクしてしまいます

人のつながりというものは言葉では単純なものですが

実際にやってみると自分の心にすっと入ってくる「何か」を感じる事ができます

今回お邪魔させていただいたSocial Houseから感じられた温もりとそのコンセプト

そして「トーキョーよるヒルズ」で感じた、多くの人によって「創られるモノ」を僕自身も与える側にまわってみたいと

そんな風に感じさせてくれました

610さんもおっしゃっていましたが、こういうコンセプトの住居を

繋げることができればもっともっと多くの人が「幸せになれる何か」を感じられるのではないかと思いました。

ネットワークでつなぎ、名古屋にはここにいけば得られる何かがあるよ!

なんて繋がりができればいいですね、ホントに

 

5、最後に

Thank you! KK&610!

お2人を知りたい方は↓こちらへアクセスしてみるといいですヨ♪

http://logbook.sowede.com/

 

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。