PDCA

29 01 2012

【今描く(心理での)起業のプラン】

病院や診療所や事業所など各地に散らばっているサポート体制を

ネットワークによって結びつけ、なおかつそのネットワークをベースに

相互が連携し全体として問題にあたりサポートできるような仕組みをつくること

このシステムを作成すると、今まで治療一本やりだったものが、「予防」という見方からのアプローチも可能になり

一般企業や社会のあらゆる人に対してアプローチが気軽に簡単にできるのではないかと思う

ただし、このシステムは医療的・科学的であることが大事で

その部分をどのようにしていくのか、またどこで利益をうみだしていくのかがまだまだ不透明

********************

とりあえず今のところこういう↑こと考えてます

また研鑽していくことによって、表記もかわるかと思います。

広告




19950117-20110311

17 01 2012

今日という日は特別なものになると思います

阪神淡路大震災から17年経っただけでなく、東日本大震災を経験してはじめての年になるということがあります

 

 

 

昨日、タクシーに乗っていたときに運転手の方とこの話題になりました。

 

1、長距離タクシードライバー

タクシーの運転手さんは昔、長距離のトラック乗りだったらしく

阪神淡路大震災のあと東京へ仕事に行く帰りに救援物資を積んで帰ることが毎日あったそうです

そのときに神戸の道路事情が芳しくなかったらしく

片側一車線しか通行できないなか、宝塚の支援センターと東京の往復をし続けたそうです

今回の東日本大震災は、そのことが頭をよぎったらしく

5月ごろに物資をもって東北へ向かったそうですが

高速は車両が規制されていて(自衛隊など)、一般道からまわり岩手に入ったそうです

 

 

2、若いときの糧

運転手さんは東北に友人が多くいるらしく、

地震発生後一週間はなかなか連絡がとれなかったそうです。

緊急伝言ダイアルに伝言を残すなどしていたそうです。

この東北の友人は自分の親戚筋とは違って

若いときに車で日本一周をしたときの友人だそうです。

宿をとめてくれたり、100円で入れる温泉にタダで入れたり

猟師さん家に突然泊まらせてもらい、熊の肉をごちそうになったりしたそうです。

そのときの経験から5月に東北へいったとき

通常難しい山形から一般道で山越えをし、岩手に入ることができたそうです。

若いときの経験が本当に十二分に活かされている話だと思いました

 

 

3、TOUHOKU

その東北で被害をうけたのは、原発事故の福島県をはじめ

岩手・宮城・青森の太平洋沿岸部がほとんどだったのですが

運転手さんが9月に山形と秋田に観光で行った際、

各地の農園や名所は閑古鳥が鳴いている様子だったそうです

物産展の人に聞いてみると

「【東北】という括りでみられることが多いので、ほとんど被害のなかった日本海側の秋田や山形まで

風評被害のようなものをうけてお客さんが全くこない」

と嘆いていたそうです。

その観光にいったタクシー運転手さんは、

旅館の方々に泣いて喜ばれたと言っていました

それほど深刻なものだと初めて知りました。

 

4、奥州平泉

僕は、もともとそこまで東北地方に興味はなかったのですが

今回の震災が発生し、原発事故が起きたときに、ある程度収束したらこの目で見に行きたいと思っていました。

関西広域連合で大阪は岩手の支援担当だったことと

平泉が世界遺産になったこともあったので、必ずいこうと思っています。

そういうと運転手のおじさんは、

「ぜひ秋田や山形に行ってみてください。

田園風景広がる【これぞ日本の田舎】という姿がみれますし

温泉も各地にありますし、なにしろ食べ物もおいしい

絶対喜ばれると思います」とのこと

余裕があれば山形に行ってみたいと思いました

 

 

5、映像でみた震災

阪神淡路大震災のときは記憶があまり鮮明ではありませんでした。

ただ、今回の東日本大震災は映像でこの目にくっきりと刻み込まれました

このことを忘れずに伝えることこそ2つの大震災を経験した僕にも託されたことだと思いました。

とりあえず東北へ一度行きます!





933SH

17 01 2012

【次の携帯は何にしよう】

 
僕の携帯は、933SH
所持している端末は、Ipad2(wi-fiのみ)とdynabook。

 

 
・携帯
933SHはソフトバンク、ガラケーです。
購入後2年以上経過しているので、いわゆる「2年縛り」はなくなりました。
なので、次の新機種携帯を検討中です。
次は、スマートフォンに切り替えようとしています。

 

 
・Ipad2
wi-fiのみなので3G回線は使えません。
購入した時期は、2011年7月です。
購入時にEMobileを契約したため、3万円で購入できました。

 

 

・dynabook

これを購入したのはだいぶ前になるのですが、

このときはまだIpadを買う前だったので、

ネット接続するために、ドコモのデータ通信を使っていました。

http://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/data/l05a/

 

 

・料金

EMは毎月およそ7000円かかっています。

で、契約して半年なのですが解約金が5万円ほどかかります。

ドコモのデータ通信は今まったく使っていませんが、

1500円ほど自動的にかかっている感じです。

あと、ガラケーの料金は1万円ほどかかっています。

 

 

・結局どうするのか

携帯の変えようと思ってる段階なので

この上記の料金のことやネット接続端末を整理したいということを考えていまして

その場合、デザリングできる携帯がいいなと思っています。

加えて現在の携帯会社はソフトバンクですが、そこからの乗り換えを検討中です。

電波の問題もありますが、値段のこともあります。

あと、Ipad2をもっているとiPhoneがほしくなってしまい

それを購入することも検討しています。

次のiPhone5が出れば、それと2台持つことがよいのか、それともiPhoneだけを持つために待つのがいいのか

今、旧型のものを買うのか、デザリング携帯だけでいくのか

どうすればいいのかわかりません。

すごく悩んでいますので、ご意見いただければ助かります。

よろしくお願いします!





TAIWAN

13 01 2012

1月7日から9日まで台湾にいってきました

アメリカのカリフォルニア、イギリスのロンドンに続き3ヵ国目の海外だったので

テンションあがりまくりでした

Facebookの方に写真はあげてますので、もしよければどうぞ(笑

で、ブログに何を書こうとするのか迷ったのですが

台湾を旅行してみて感じたことを箇条書きにしてみようと思いました

 
1、不景気

日本と同じように台湾も不景気でなかなかきついようです

ただ、公共事業があっちこっちでやっていて

前向きな感じをうけました

 

2、渋谷か原宿

表通りは御堂筋や東京の丸の内みたいな感じですが

少し通りをはさんで裏にいくと

渋谷か原宿のような感じでした

雑多な商店がならんで、そこを物を食べつつ人が行きかうさまは

まさにそういうイメージを彷彿とさせました

 

3、日本好き過ぎて

街のいたるところに「東京○○」というお店があります

なんでも東京とつければいいと思ってるようですw

それ以外にも

セブンイレブン、日立、ファミリーマート、

サイゼリヤ、ユニクロなど

あげればきりがないです

どうやら旅行してくる客で喜ばれる国籍は

1位→日本、2位→ヨーロッパ、3→アメリカ

で、逆に人気のない国は

1位→中国、2位→韓国

ガイドのキョウさんはここでは書けない罵詈雑言を言われていましたw

ただ、日本についてはすごくイメージがよく

ユニクロはすごい、と言っていました

先人たちの築いてきた日本人らしい誠実さ・マジメさをすごくほめていました

 

4、いいところはどんどん

料理はミックスされているようでした

中国、南アジア系、韓国、日本、欧米

それぞれのいいところを混ぜているお店が多かったように思います

物をつくる技術も外部から協力をえて細部は自分達でやっていくという建築物も多かったように思います

 
5、観光という武器

いろいろな施設で日本語が通じました

夜市でも日本語で注文をとってくれたりもしました

日本が大好きな国民性を差し引いても

観光を受け入れる体制が日本よりもはるかに進んでいると思いました

まず、ガイドでそろっているのは日本語・英語・中国語

かなり細かいところにこの旅行客をうけいれ、

観光するときに困らないよう配慮されています

日本ではとかく受け入れる日本側が日本語でしか対応しないことが多いですが

台湾では、中国語がわからなければ英語や日本語で話すことができました

僕も日本語でやりとりをしたり、英語で会話したりとかなり助かりました

観光をうけいれる側もその視点にたったサービスシステムを整える必要性

ものすごく感じました

 

6、さいごに

台湾は国土が日本より狭いにもかかわらず街のいたるところで

人や物の前向きな姿勢がみえました

とにかく受け入れる体制をしてますよ、なんとか理解しますよ

こんなことが多く見受けられました

僕たち日本でもこういういいところは見習い、

観光立国として生きていこうとしている日本に住む一人として

感じるところの大きい旅でした