Twitter Link U

28 12 2011

ちょうど1年前

僕は同じくこうやってPCの前に向かっていました

そして登録フォームに情報を打ち込んでいました

その先どういうことになるのかあまり把握できず友人に唆されるままに…

2010/12/27

Twitterの知り合いの関大生に

「関大でTwitterやっている人どれだけおんのかな?」

「関大でTwitterやっている人に会いにいきたいなぁ、そういうのをまとめたりほかの大学みたいにとりしきってるサークルとかないの?」

この疑問に対して、知り合いが「マスノさんが作ればいいじゃないっすか」

そんなこんなでまさかの根暗大学生が初めて数か月のTwitterを使って団体をたちあげることになりました

まずTwitterの使い方も知らないし、何もできない自分にできることはとにかく

関大生を片っ端からフォローしまくること

とにかく何かイベントをするにしたってその土台となるものがなければはじまらないと思っていたので

そこから着手しました

これがなかなか骨の折れる作業で実に細かい作業の連続(まぁそういうのが好きだったりするのですが)

この基礎をしっかりさせないとあとに影響すると思っていたので

そこの構築はきちんとやりました、もちろんひとりでです

Kansai University

関西大学はすべての学生をカウントすると27000ほどになります

もちろんキャンパスがわかれていますので

千里山キャンパス(吹田)には20000ほどいることになります

それでもすごい人数がいるわけなんですけど

しかし、マンモス大学の関西大学には(この団体を立ち上げたときに思っていた)問題がありまして

あまりにも広く、そしてあまりにも人数が多すぎるため

人的交流がほとんど自分の周辺のごく親しい数人で終わってしまっていることなんです

もちろんそれが悪いというわけではないのですが

これだけの人数がいながら、その人たちと関係をもたずにいるのはすごく勿体ないと思いました

それと次に地理的な要因

関東の大学と違って近畿エリアは大学の密集があまりみられません

もちろん京都はある程度ありますけど

ただ大阪にある大学はどこも距離があって連携がとれにくいという課題がありました

他の大学生と交流がもてればかなり意識もあったかもしれませんが

それもない状況でしたので、関大生は

通学し、授業をうけ、休憩をし、余暇活動をへて梅田・十三を経由して、バイトか家に帰る

というものすごく簡素な生活スタイルになっていました

そこでなにがあるのかというと、自分達から発信して何かをしようという意欲もわかないし

他の地域にある面白そうなことに関心を示さず、毎日を過ごすスタイルになっていました

これではマズイ

そんな思いがあったときに

関大前通りの大手ファーストフード店が閉店します

これが大きな契機となりました

関大は上記のとおり他に一般の方や大学生がくることはありません

なので関大前は関大生がほとんどといえるでしょう

その関大生に人気がないはずのないファーストフード店の閉店は

関大前通りの衰退?を物語っていました

この状況はいけない、なんとかしてこの地域を発展することこそ

関大生がひいては自分がなにかしらの前向きに世界を知ろうとするキッカケになるのでは

そんな思いからこの団体を組織していくことになります

1年という月日

つい先日、関大発のフリーペーパーが完成し、その創刊を記念してパーティーに参加してきました

もちろんとても楽しく、またとてもあったかいものでした

僕が団体をたちあげた当初のことは上にも書きました

関大生はそこまで自分から何かをしよう、とすることはありませんでした

ただ、このフリーペーパーの創刊をへて、いろいろとみていくうちに

関大生の熱意というか何かをしようとしているその姿をあちこちでみれるようになりました

もしかしたら潜在的にみんながもっていて僕自身が気づかなかっただけかもしれませんが

このフリーペーパーが創刊され手に取った時

「関大もようやく一歩ふみだしたのかな」

なんてセンチにひたってました

月日というものは不思議なもので、SNSを経由していい刺激がもたらされたのかもしれません

そんなことを考えていると、とりあえず僕自身の団体もやっと意味をもつものになってきたのかなと感じた次第です

I want …

この団体で今度から何をやろうとしてるかというと

こういったフリーペーパーのような関大生自身が前へ前へ進む団体を応援すること

そのために必要な情報を関大生に提供すること

関大生が関大生のがんばる姿をみて前向きに自分達から何かをしてみようという気持ちになってもらうこと

関大生が自分達のごく親しい周りの友人だけでなく、幅広い人と交流をする手助けになること

自発的に関大生が他と連携をとろうとすること、もちろん社会や関大卒のOBなどと

こういったことに役立つ団体であればなぁと考えています

さらに関大前を活性化するためにも

関大前通りが一体となるイベントを開催するための下地をつくることができればいいなと思っています

足りないもの

僕自身もそうですが

関大生はまだまだSNSを使いこなせていません

もちろんそれを教えてもらっていないということもあるかと思います

ですが、それぞれに使い方はあるものです

とにかく触ってみてやってみて自分なりの使い方を身につけてほしいと思います

誰かがもしかしたら自分の想いを理解してくれるかもしれないですし

他と考えればもっともっといい考えを浮かぶかもしれません

そんな手助けが容易になるよう

もっとSNSの使い方を関大生に普及させる必要がありそうです

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。